• tomoko

人生に挑む1

人には2種類の人がいる。

人生にチャレンジする人。

そして、チャレンジしない人。

チャレンジする人というのは、

自分が何をしたいのか、考える。

自分と向き合う時間をとる。

そして、ゴールを設定して、

そこに行きつくまでの道を調べて

前へ進む。

チャレンジしない人は、

何をしたいのかを考える変わりに

世の中が用意してくれたシナリオの世界を生きる。

自動的な世界。

考えなくてもいい世界。

でも、自動的に生きていれば

苦しみがないのか、といえばそうでもない。

考えなければ幸せなのかと言えば

そうでもない。

結局どちらを生きても

結構、人生って色々ある。

せっかくだからチャレンジしてみたらいいのに。

人生に挑む2へつづく・・)


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

じゃあ、心配する人が悪いのか、 というとそうでもない。(どっちやねん) 人生、自分次第! という考え方を取り入れることが大事。 自分の人生は自分のものだから。 誰だって、大事な人に応援してもらいたいけど、 「応援されたら嬉しい」 というのと 「応援されないとやる意味がない」 というのは違うので、ちゃんとそこを区別する。 否定されて辞めてしまうのなら、 それは結局自分が決めた事。 人のせいにしてしま

人が自分の人生に本気にならない理由はたくさんあるけど 最終的には 「失敗したくない」、ということと 「おまえなんかにできるわけがない」と 大事な人に認めてもらえないことへの恐怖、 のふたつに分類される、と言われている。 そして、そうやって生きていると、 だんだんと自分の内側に目を向ける事が難しくなってくる。 自分が何をしたいのか、 どう感じているのか、 ということに鈍感になってくる。 だって、本当