• tomoko

人生に挑む2

人が自分の人生に本気にならない理由はたくさんあるけど

最終的には

「失敗したくない」、ということと

「おまえなんかにできるわけがない」と

大事な人に認めてもらえないことへの恐怖、

のふたつに分類される、と言われている。

そして、そうやって生きていると、

だんだんと自分の内側に目を向ける事が難しくなってくる。

自分が何をしたいのか、

どう感じているのか、

ということに鈍感になってくる。

だって、本当のことに気づくとまずいから。

考えずに自動的に生きてさえいれば

自分にがっかりしなくてすむから。

で、結局それが一番がっかりすることに

なったりするから本末転倒なんだけど。

やっかいなのは、

そうやってガッカリし続けて生きているうちに

気が付くと、自分も人に

「おまえなんかにできるわけがない」

と言うようになってしまうこと。

特にこれが親と子供の関係や

伴侶だった場合の影響力はすごい。

本人は心配しているつもりだし

愛があるからこその言葉だと思って

正当化するかもしれないが

大事な人に応援してもらえないことが

どれだけ自己不信の気持ちを煽り

人生にコントロール感を失う事になることか。

そして、そこに潜むメッセージは

「人生、そんなにうまくいくわけない」

そして、このメッセージの元、

またひとり、自動的に生きる人が増えていく。

まるで催眠にかけられるように

「眠れ、眠れ・・・

もうあなたは考える必要はないのだよ・・・

楽に生きよう・・・

そんなに一生懸命にならなくていいんだよ・・・

眠れ、眠れ・・・」

と。

人生に挑む3へ つづく)


34回の閲覧

最新記事

すべて表示

人生に挑む3

じゃあ、心配する人が悪いのか、 というとそうでもない。(どっちやねん) 人生、自分次第! という考え方を取り入れることが大事。 自分の人生は自分のものだから。 誰だって、大事な人に応援してもらいたいけど、 「応援されたら嬉しい」 というのと 「応援されないとやる意味がない」 というのは違うので、ちゃんとそこを区別する。 否定されて辞めてしまうのなら、 それは結局自分が決めた事。 人のせいにしてしま

人生に挑む1

人には2種類の人がいる。 人生にチャレンジする人。 そして、チャレンジしない人。 チャレンジする人というのは、 自分が何をしたいのか、考える。 自分と向き合う時間をとる。 そして、ゴールを設定して、 そこに行きつくまでの道を調べて 前へ進む。 チャレンジしない人は、 何をしたいのかを考える変わりに 世の中が用意してくれたシナリオの世界を生きる。 自動的な世界。 考えなくてもいい世界。 でも、自動的

© by Harmonious Days. All rights reserved.

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White Pinterest Icon
  • White Twitter Icon